スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だれか助けて~!

2006.04.19.10:56

ユーロビジョンの本選まであと1ヶ月位かな。多分。
あのモルドバの予選から時間がたったところですが、そろそろいろんなところで話題になりつつあるみたいですね。この方。
arsenium 1

ちなみに、今回見つけた記事はこちら
こんな長文、自分じゃ訳せません。お助け~!

(以下引用)

Arsenium & Natalia [Gordienko]
Two “stars”. Almost as in the song Of [ally] Of [borisovny]. But the nearest fate in them - one on two. To fly so far in May to Athens - and to subjugate entire Europe. The alternatives do not start. Athens - not only capital of state in the south of Europe, but also code, cult word… Already on the fourth phrase all readers had to understand, with whom was encountered “S.C.” in order to explain the circumstances, which led to “starry” life, and also the specific special features of their siesta.

However, according to the tradition, which was already kept balance for 8 numbers, we represent: Natalia [Gordienko] and [Arsenium]. The young cheerful creation with the bright blue eyes (such violent Malvina), which only began to get to know the basics of glory and young person, who tasted the adoration of the numerous European crowd of music lovers, even music lovers led into the enthusiasm the creation of the entire association by the name of „O -Zone “. It - uproar and power engineering of this duet. It - style and rod. Almost according to Aleksandr Sergeyevich, almost ice and [plamen]. They are young, are beautiful, and in them all in the order with the ambitions. By them flag is Moldavian into the hands - to sing for [Moldovu] so that would begin to palpitate the hearts of hot Spaniards, satisfactory Swedes, cold-blooded Britons, flattened Dutchmen, pedantic Germans and all- all brother- novel and friend- Slavs.

Interior. Down classics of the declared by us genre! You yet did not see similar - similar we yet did not have! Scene of action changes every five minutes. Cowling, roof, salon, baggage carrier, again cowling, and now - and under the cowling! Drive and comfort in one bottle, under the famous trefoil Of mitsubishi. Solo in this ensemble of stylish machines assigns COLT, light, elegant, and madly beautiful. You look - and already it wants! But now [glyante] on Natalie [Gordienko] - and understand that the phrase “best friends of girl - diamonds” is morally antiquated. Perhaps it is possible to devise the best friend, than four-wheeled miracle - child of the Japanese ancient traditions, multiplied by the brilliance of invention, who will irrevocably become the part of your life from that minute itself, as you do for the first time bring motor?

Automobile is not divided according to the sexual sign as, however, and its color, asserts Vasiliy [Yarotskiy], the division head of sales Of mitsubishi, fallen in love with this stamp not so much in the performance of official duty, as on the call of heart. This about Mitsubishi devised someone once phrase - “villages - and went”.

She understands you from the very first. But i.e. you feel at the level of unconditional reflex. Functionality and ergonomic quality. Convenience and comfort. Strength and reliability. Specifically, Mitsubishi eleven time won famous [ralli] of „Paris- Dakar “. In our Kishinev this stamp is sold on the amazingly advantageous conditions: six years of guarantee without - attention! - the limitation of path!

Machine can be as the demonstration of incomes. Or - as the style of life, bright and saturated. Selection between banality and celebration of individuality. If you - for the second, then think in earnest against Mitsubishi.

Natalia [Gordienko]. Sagittarius and tomcat, are more precise, cat. (On December 11,1987). Place of generation - by [roddom] on the prospectus of young people, g. Kishinev. Mom and dad - architects. First song, completed from the beginning to the end - “Katyusha rocket launcher” (in 3 years). Dream of the childhood: to become “star”. Repeatedly participated in the television musical children's transfer of „gold small key “. 8 years it was occupied by sport dances. Independently in the musical competitions it began to participate from 15 years. She became the laureate 6- TI of republic and 5 international competitions. First victory - at the vocal competition, organized by the railroad of the country. The dear phrase - “talented person is talented in everything”.

S.C.: We to you were introduced year ago. Then you were the happy soloist of the group of „Of millennium “. What it had to occur in the year in order to suddenly prove to be paired with [Arseniumom] and to conquer in the national competition of „Euro-vision “?

[N]. [Gordienko]: To the past autumn I sang into „Of millennium “. Lessons in the school and everyday rehearsals in the group. In August I took part in the competition “of the songs of peace” in [Komrate]. If one considers that accompanied there the orchestra, which works on “Slav market”, for me “the songs of peace” they passed as the rehearsal before the festival in Vitebsk, where I now am gathered. Then I occupied the first place. But in the competition “Of plai Of natal” (by that time I already it left from the group), which carries out the ministries of culture Of [moldovy], Ukraine and Russia, it won Boundary- with.

S.C.: But [Arsenium]? „KP in [Moldove] “hinted to the novel. We you in nothing suspect, it is simply interesting: how did arise duet?

[N]. [Gordienko]: By chance. When it passed as this autumn “Of cerbul de of aur”, and there was the evening of Moldavian executors, it was „Of millennium “, „Of [zduby] “, „O -Zone “and other artists. We were introduced [Arseniumom]. Several times they intersected. After several days to the finale it me rang, proposed to participate in the competition. All very unexpectedly. But, I is the great patriot of the country. Here and it agreed. They rehearsed the pair of days. Dance on Tuesday in the evening was placed. On Wednesday they came out. On the whole, impromptu.

S.C.: If you - patriot, then why they did not give claim from the very beginning? Without the bell from Rumania?

[N]. [Gordienko]: First, in me- that there was no suitable song. In the second place, 25- GO, during the day, when was passed the first finale, went selection to “Slav market”, which at that moment more greatly interested me. I with enormous respect relate for competition in Vitebsk even I consider that each serious artist must pass him.

S.C.: Natasha, you do speak about seriousness at your age? Does seem, you another schoolgirl?

[N]. [Gordienko]: I conclude in this year Russian- Ukrainian face of name to Peter [Movile]. Real class, with the intensified study of exact science.

S.C.: And as successes? Or forces to the studies it does not remain?

[N]. [Gordienko] (it smiles): Successes? I will hang on the board of honor.

S.C.: Yes well!

[N]. [Gordienko]: You do not believe? You come into the person. Eights now, of course, occur, but seven years it was round [otlichnitsey]. No, true, I very responsible person. Represent, I cannot itself allow to arrive into the school with the [nevyuchennymi] lessons. Simply I do not present to itself similar. Now time catastrophically does not be sufficient, so I at night make lessons.

S.C.: Classmates do not envy?

[N]. [Gordienko]: Maybe, someone in the depth of soul has envy. But in general they everyone me supports, they be ill. And teacher also.

S.C.: But houses for you who did survive during the competition?

[N]. [Gordienko]: Grandmother with the grand-dad.

S.C.: They do bring up in the strictness? Or are shut eyes to the breaches of discipline?

[N]. [Gordienko]: In the strictness. Probably, so it is necessary, although more than freedom would, of course, like me only. I cannot allow itself to go on a spree on the party until the morning. Not to ring in time home. I cannot throw everything and throw to rest. But I speak, I very responsible person.

S.C.: But if you nevertheless do throw to rest, as this does occur? Actively or lying, with the book in the hands.

[N]. [Gordienko]: I love to read, occurs this by volley. Here, to example, recently fell „da Vinci's code “, so I after it immediately four books of Dan Brown read. But generally, I for the productive leisure. I is man of explosive, merry. Explosive - in the sense of the surplus of positive emotions. Although I rest rarely.

S.C.: But that still you can speak about your nature?

[N]. [Gordienko]: You know, eats this beverage, „lively creature “. I is lively creature. I love to set as a goal and to reach them. I [optimistka], and try in everything to see good. But I am lazy.

S.C.: How when this is manifested?

[N]. [Gordienko]: It is very rare. When to remove necessary in the apartment.

S.C.: In my opinion you passionately do love to dance?

[N]. [Gordienko]: Accurately. I love. Seven years was occupied by dances, in the different ensembles, even some time into „[Kodryanke] “. Still I played five years on the piano.

S.C.: But they did begin to sing when?

[N]. [Gordienko]: This was up to the year. My first song - “[Ey], let us bellow!”. To me it frequently sang grandmother, and once I after it repeated. But then has already been occupied by songs, dances, drawing in the studio in the plant of „signal “.

S.C.: You still and do sketch?

[N]. [Gordienko]: So to itself. But if Muza visits, then I can. There is a pair of very likable figures.

S.C.: Natasha, on you at your tender age at once, several weeks ago, fell down glory. To how be “star”, in your understanding? Is pleasant, sky?

[N]. [Gordienko]: Certainly. And when I say that it is strongly tired that is very occupied, nevertheless to me everything, which now occurs with me, greatly it pleases itself. Although “with star” I do not thus far itself perceive. But generally, me greatly pleases itself Larissa [Dolinoy]'s phrase: “To become “star” is easy. It is difficult to be held at the height!”.

[Arsenium]. Cancer and block (on July 22,1983). Place of generation - Kishinev. Family: mom - doctor, dad - engineer, junior sister (“best in the world! ”). Parents allowed it “much to dream, and these dreams were more than the country, in which it was born”. Dream of the childhood: to become musician, whose of song they will become the part of the history of music. The first its own song appeared into 15 years. Process thus was pleased, that it no longer could stop. In 16 years it played on the double bass in the Moldavian people orchestra of „Of [stezhariy] “. In 17 years it began to take the lessons of singing in Larissa [Shulgya], well-known operatic singer of the former USSR, who introduced it [Danom] Of [balan], that invited [Arseniuma] into „O -Zone “.

S.C.:Arsenie、Locaの由来を話してくれませんか?作者は誰なんでしょう?あの歌がArsenieを見つけ出したのか、それとも、Arsenieがあの歌を見つけ出したのか。

Arsenium:僕が作詞・作曲の著作者だよ。2年前、スペインでお互いに出会ったのさ。

S.C.:デュエットで歌うというアイデアはどこから出てきたんでしょう?

Arsenium:「Loca」は、そもそもの初めから、デュエットで歌うように作られているんだ。

S.C.:Natalia Gordienkoを一緒に歌う人として選んだ理由は?

Arsenium:理由?それは、Nataliaがすごく良い歌手で、それ以上にとても美しいからだよ。

S.C.:ルーマニアでの暮らしについて話してください。あちらで活動するほうが快適なのですか?

Arsenium:簡単な話だよ。僕はブカレストに居るんだ、というのは、スタジオがそこにあって、一緒にやっている仲間がみんなそこに住んでいる。

S.C.:多分ルーマニアの人たちはあなたのライブを私たちとは比べ物にならないくらいたくさん聞いているのでしょうね。

Arsenium:それはないよ。僕はまだコンサートをやっていない。だって、ぼくはずっとアルバムを作ることに専念していて、それは最近終わったばかりなんだ。全部の歌-曲も詞も-僕が創ったんだよ。

S.C.:でも、キシナウにはめったに来ないに近いですよね。ほとんどプライベートな用事があるだけのようですね。キシナウは創作活動を行うエリアとしてはあまり好ましくないのですか?

Arsenium:そういうわけではない。確かに、いい作品は最もいい条件がそろった場所で生まれやすい。でも、僕の歌の多くはキシナウで生まれたんだ。本当だよ。僕の生まれた街だからね、誰がどう言おうと。

S.C.:キシナウであなたの幸運を祈り続けているのは、誰ですか?

Arsenium:僕の両親は間違い無く。それと、僕の妹も。彼女は19歳なんだ。

S.C.:あなたは外見では、控えめでむしろ憂鬱そうな若者にさえ見えますね。本当にそういう人なんでしょうか?

Arsenium:(笑って)70%くらいは。

S.C.:あなたのいいところは?

Arsenium:人を助けること。でも、出来る範囲でね。

S.C.:それはそうですね。では、悪いところに行きましょう。そういったことはありますか?克服しようとしていますか?

Arsenium:(陽気に笑って)ええ~、まあいいか、こう書いて。僕は寝坊するのがすきなんだ。でも、それを何とかしようとは思っていないよ。

S.C.:クリエイティブな人々はよく薬物を使用しますよね。この一言には、何でも含みえるのですが、たとえばお酒から性的体験を、公園の散策から、花の栽培を、などのように。あなたの興奮剤はなんでしょう?あるいは、こう言ったほうが簡単かな、あなたをクリエイティブな状態に持って行く方法とは。

Arsenium:旅、かな。それと-独りになること。僕にとってはすごく大切なことなんだ。

S.C.:あなたに影響を与える人物は?

Arsenium:僕のインスピレーションそのものが僕に影響を与えるものなんだ。

S.C.:有名なアーティストが「スターでいるというのはどんな気分か」と聞かれることを嫌うのは解っていますが。そうは言ってもあなたはその事実に抗うことはできませんね。ある人はその名誉が原因である種の病気のようになってしまったり、ある人はそうでもない。またある人は、有名であるがために人から距離を置かざるを得ないと理解している人もいる。率直にお尋ねします。Arsenie、スターの気分を感じていますか?イエス、それともノー?それはなぜ?

Arsenium:時々、僕は星になるよ。でも、夜空のかなたから自分のLoveを眺めるためだけだけど。

S.C.:あなたはファンとはどのような関係を持っていますか?うるさくない?

Arsenium:僕らはとてもいい関係だよ。良い意味で騒いでくれるしね。

S.C.:では、われわれのような雑誌ではお約束の質問、まずは、休養について。どのように休みを過ごすのが好きですか?休息のための時間はたびたび取れていますか?

Arsenium:さっき言ったけど、少しでも長く寝ている事だね。僕のレジャーだよ。僕はどれだけ寝ても、もう十分ということはないよ。

S.C.:目指しているものは?

Arsenium:当面の目標は-ユーロビジョンで素晴らしいショーを創ること。

S.C.:「Love」という言葉はあなたにとってはどんな意味ですか?何かを、または誰かを、愛していますか?

Arsenium:「Love」という言葉の意味は、アルバムでそれを表現しようとしているんだ。その中の全部の曲は「Love」についてつくられているんだ。

Ina [ZHELTOVA]
※文中日本語訳:がんた様、本当にありがとー!!!
(引用終了)
この度、がんたさんから素晴らしい日本語訳をいただきました。
感謝感激豆あられ~!!!

すみません、その他の日本語訳は今しばらくお待ちをorz
こんな長文の翻訳、うまくできないんです。自動翻訳では。
でも、記事の中にあったNataliaと三菱自動車の写真の記事はちっと気になる。
だって、写真のパジェロのパーツの一部、日本製なら自分の担当だものw
タイアップ広告だとは分かるんだけどね。
でもNataliaタソに触れてもらえるなんてチトウレシス。(←記事はどうした)

more...

スポンサーサイト

もう飲んだ?モルドヴァ・ワイン

2006.04.12.10:50

モルドバの主幹産業と言えばやはり葡萄産業かと。
国民の15%以上の方が葡萄に何らかの形で携わっているというから、日本の
全労働人口に対する農業人口1割未満からすると、突出して多いのが分かると
思います。
もちろん、葡萄と言えばワインがすぐに思いつくでしょう。
国旗に葡萄の絵が描かれているほど有名なモルドバの葡萄、そしてワイン。
近年は日本でも静かに広まりつつあるようです。

そこで、関連の記事をネット上で集めてみました。(以下引用)
----------------------------------------------------------------
岩本・隔週月曜の有料試飲 会費は1000円

第六回第六回2005年12月26日はモルドヴァワイン4種類を利いていた
だきます。
 今回はとても珍しいワインですよ。
 おそらくこれらのワインを飲んだことのある人はかなり限定された、業界の
人ぐらいではないでしょうか。
 お題は、「前代未聞『モルドヴァワイン』を利く」です。
 面子の紹介です。
①「ディオニソス・メレニ シャルドネ’01」
②「ディオニソス・メレニ カベルネ’01」
③「ネグル・デ・プルカリ カベルネ’03」
④「クリコヴァ ヴァン・デ・コレクチェ カベルネ'93」
 モルドヴァはワイン発祥の地とも言われておりまして、今から七千年前から
ワインが作られているそうです。
 そういうことであれば、何もシャルドネやカベルネなんかを出さずに、原産
地葡萄を使ったり良いと私は考えまして、輸入業者の方にこのような質問を
ぶつけてみました。
 するとやはりとりあえず今回のリリースは、現在の世界のワイン市場を
かなり意識した物で、次回からは地場産の葡萄品種のものを逐次入れていく
とのことでした。
 言ってみれば腕比べがしたかったのかもしれません。
---------------------------------------------------------------
 第6回報告です。
 今回はまったく未知なる世界、モルドヴァ=モルドヴィアのワイン
 どのワインもすばらしく、特に
 ①「ディオニソス・メレニ シャルドネ’01」は傑出しておりました。
  開けたての印象はちょっとミルキーな良い香りが立ち上ってくるけど普通
のありがちなワインというものでした。
  ですが、時間の経過と共にどんどん濃密になっていき、甘酸っぱさが出て
くるのです。一時間もすると貴腐ワインのような美味しい香りさえ漂わせ始め
るのでした。
  私はこれほどに、変化していくワインは初めてでした。120点あげたい
ともいます。
 ②「ディオニソス・メレニ カベルネソービニオン’01」
 このワインも開けたてからかなり普通のワインとして美味しさがあるのです
が、時間の経過と共にやはり甘酸っぱいニュアンスが出てきて美味しいです。
 開けたて20分ぐらいは結構フィニッシュのタンニンを感じましたが、
それもだんだん気にならなくなりました。
 ③「ネグル・デ・プルカリ カベルネ’03」は最初からインパクトのある
味香で、とてもよくまとまった印象のワインでした。タンニンは少なめで、
やはり甘酸っぱいニュアンスがありました。
 ④「クリコヴァ ヴァン・デ・コレクチェ カベルネ'93」はヴィンテー
ジワインだけあって一番重厚で、しっかりした安定感と熟成したワイン特有の
甘さがあり、タンニンは丸くなってとても飲みやすいです。ですが、空けて1
時間ほどするとピークを過ぎてしまいました。(引用終了)
---------------------------------------------------------------
こちらは別のHPからです。(以下引用)
「安ワイン道場」より、門下生(2005年報告分)から抜粋
Carlevana Chardonnay reserva 2001
「稽古した日」   2005年10月28~29日
「稽古した場所」   横浜の我が家
「購入店」 貰い物 2,000円位らしい。
「インポーター」 As-set.Com.(有)
「原産国」 MOLDOVA
「使用品種」 シャルドネ
 南仏のモンラッシェ Chateau de BeaucastelのChateauneuf du Papeの
白ではないか?と思わせるようなお味。翌日にはさらにねっとり感とまったり
感&蜂蜜が加わる。日本国民として、その生産国名を一生涯知らずにいても
なんら問題のないような国、 MOLDOVAという国で造られているワインである
らしい。シャルドネというのが信じられないような香りと味だが、非常に旨い
ワインであることは間違いない。抜栓した日の翌日に、その味わいが劇的に
変化しているのもまたいい。長期間寝かせて味わえば、さらにその真価を発揮
するのではなかろうか?まさにヴァン・ド・ガルド。今売り出し中らしいん
ですけど、惜しいですねぇ。なんたって普通買わないもんなぁ。モルドヴァの
ワインなんてのは。 (引用終了)
---------------------------------------------------------------
いろんな意見があるようですね。
ところで、なぜ今になってこんな記事を、と思われるでしょうが。
2ちゃんねるでの情報なので鵜呑みにはしないで欲しいのですが、どうやら
モルドヴァワインが量販店で扱われる事になるようです。

詳細はリンク先の掲示板をご覧下さい。

モルドバの首都・キシニョウ

2006.04.10.09:57

前回の記事へのコメントで、ロシア語表記をローマンアルファベットに変換したものを検索してみました。すると、こんなものが。

Kishinev is the capital of the Republic of Moldova

なんでロシア語表記のURLなのかは分かりません。
また、文中の表記も"Kishinev"なんです。
ただ、ここの市長の肩書ではしっかり”Chisinau”なんですよね。
ちょっと、不思議。

さて、日本にはなかなか情報の入ってこないキシニョウ市の状況ですが、この
HPからは何となくですが「今」のキシニョウ市が見えてくるかも。

早速"Today"を開く。
現在発展中の街の説明。よく見ると文章のあちこちに下線が。
クリックすると、その文言の写真が登場。
観光案内でも出てこないようなあちこちの写真が見られます。

どうやらほかの所でも見られるみたい。
古い建造物や政府の施設など、これだけのものを観光で見に行ってもよほど
時間をかけないと見て回れないような気がします。
キシニョウ市って、そんなに大きい街なのか、と思ったけど、考えて見れば
一国の首都なんですよね。
ホント、失礼な香具師です。スミマセンorz

モルドバニュースによると、もうすぐモルドバへビザなし渡航が可能とか。
これから両国がもっと親密な関係になれたらいいな、そう思いました。

こんなんみっけ!

2006.04.03.12:15

久しくGoogle先生と遊んでなかったので、ちょっと覗いてみました。
すると、先生の家には世界地図が置いてありました。
最初は日本地図だけかな、と思ってましたが、広げてみると世界地図だったり。
なら、やることはひとつ。


モルドバを広げてみました!


さて、地図を見てみましょう。
右上の「サテライト」をぽちっと。
すると緑の大地、モルドバのサテライト写真が。
以前、貴虎さんが言ってましたが、都市以外は延々と続く畑だとか。
なるほど。大きな都市の目立つ日本とは違って、農業国らしい風景かと。
左の+と-でズームの調整も可能。
ドラッグすることで見たい場所も変更できます。
結構便利かな。

ところで、キシニョウはどこだろ。
ここで「マップ」に戻す。
あれ?真っ白。
故障か?

地図がありませんが?


うーむ。
先生。
せめて地図は用意しようよ。ね?

とりあえず、サテライトの写真だけでも楽しんだ自分でした。
プロフィール

夜勤明け

Author:夜勤明け
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
YouTubeLight
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。