スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の勉強、になるのかな?

2006.09.25.09:25

最近、Youtubeを見に行く事がよくあるのですが、特に変化しているのが日本の映像をUPしていることが多いようです。

もちろん、テレビ放送のものがほとんどなので、著作権にひっかかるのではないかと思うのですが、意外と抜け道があるような。

そこで、2作品を紹介。
ひとつは「涼宮ハルヒの憂鬱」。
http://www.youtube.com/watch?v=wHH4RTJEC2s
もう1つは「ふたりはプリキュア」。
http://www.youtube.com/watch?v=G8YqiXDEx0c

抜け道、というのはこの作中にある「英語テロップ」。
このテロップによってこのソフトが本来の著作者に削除されずにいるようです。
前者は2ちゃんねらーによってUPされたものにテロップをつけたもののようです。
もちろん、テロップなしのものは削除されているようですが、OP、EDにおいては日本語のローマ字表記と英訳が併記されています。
ちょっと補足しますが、2ちゃんねるにこの作品のED「ハレ晴レユカイ」をオリコンチャート1位にしようとするスレが立ち、実際に行動が起こされたためにチャート5位に上昇、OPも10位に入るということがありました。(ちなみに、其々の上位にはA社が入ってました)
この映像はその支援のためにYoutubeにUPされたものと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、NHKや在京民放はYoutubeに対し各社の映像ソフトの削除依頼を出し続けています。著作権問題があるとのことで。
特に、ソフトを製作している会社(東映など)は監視を強めているようですが、それでもUP攻勢がやまず、現在としては前出のようにテロップ付きでのUPとなっています。

さて、海外から見た場合、このような作品はどう見られているのか、と思うと、結構好印象な感じ。
コメント欄を見る限りではアニメ作品を簡単に見ることができることもあって、日本語が流れるままでも視聴されているようです。
英訳が付いている事もあるので支障ないのかもしれないです。

ちなみに、「ハルヒ」については、フランス語で、他のアニメ作品ではスペイン語でのテロップがついているものもありました。

だれか、ルーマニア語でテロップつけてみます?
スポンサーサイト

「知られざる国モルドバを支援する」~TBSラジオより

2006.09.11.09:19

最近、やっとモルドバ関連HPを巡回できるようになりました。
その中で、「モルドバ復興支援協会」のHPで「報道された記事」という欄が追加されているのに気付きました。
その記事を紹介。TBSラジオで今年8月5日に放送されたもののようです。(以下引用、一部抜粋)

人権TODAY 知られざる国モルドバを支援する

ちょっと前に流行ったオゾンの「恋のマイアヒ」。曲を聴いたことはない、という人はあまりいないかもしれませんが、オゾンというグループの出身国は知らない人が多いかもしれません。
オゾンの出身国は旧ソビエトの「モルドバ共和国」。ルーマニアとウクライナに挟まれた九州ほどの小さな国土におよそ420万人が住んでいます。ルーマニア語の方言とされるモルドバ語を話すモルドバ人が6割以上ですが、ロシア人やウクライナ人、そのほかの少数民族もいます。土地が豊かで、小麦や野菜や果物の生産が盛んな農業国です。特にぶどうから作るワインはヨーロッパでは有名だそうです。一方で、91年の独立直後には民族間の内戦もあり、経済的、社会的な混乱が続いていて、政府の財政も悪化。教育や福祉は行き届かない状況です。

そのモルドバの現状を知ろうと、現地視察の報告会が7月、東京・新宿区の早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターで開かれました。
日本では「モルドバ復興支援協会」(事務局:神戸市)という団体が、バザーやチャリティコンサートなどで集めたお金を福祉施設などに送る活動をこれまで10年間、主に関西を中心に地道に続けてきました。自立のための支援で、送ったお金がちゃんと活用されているか、実際に会員が現地に見に行って確認しているんです。
(中略)
モルドバには、「モルドバ復興支援協会」が一昨年、現地の人と協力して開いた「子どもデイケアセンター」があります。モルドバでは、親が出稼ぎのために、子どもを残して国を離れるケースが多いそうです。子どもは親戚に預けられますが、貧しくて学校に行けず、食事や衣服も満足にない状況で、人身売買の対象になる心配もあるんだそうです。そこで「子どもを保護し、勉強の機会を提供する」ために開かれたんです。

報告会では、民族衣装を来た子どもたちに歓迎される様子などをビデオで紹介しながら、20人を超える参加者にモルドバの現状を説明しました。モルドバのお茶とお菓子が出され、モルドバ語、つまりルーマニア語の詩の朗読もルーマニアの方が披露しました。
詩の朗読が行われたのは、川村さんは「ルーマニア語」の響きの「美しさ」に惹かれているからです。そして現地では、博物館や大学、劇場といった教育、芸術、学術に関わる施設も訪れたんですが、「皆さん自分たちの文化に誇りをすごく持っているんです」と川村さんは話します。日本人にとっては不思議に聞こえる歌詞が話題になったオゾンですが、CDの訳詞を見ると、「自分たちの言葉のような美しい歌を、いつまでも響かせよう」とか「自分たちの言葉、ルーマニア語を譲らない」という風に、ルーマニア語に誇りを持っていることをうかがわせます。
(中略)
今後のことですが、これまで「モルドバ復興支援協会」が続けてきた自立支援の輪を広げる活動を続け、現地にも行って、今度は子どもたちとゆっくり過ごしたい、という川村さんですが、その一方、学生の自分にできることとして、文化的な交流に取り組みたいと話します。
具体的には詩の朗読会や、美しい刺繍のワークショップを開いてモルドバの文化について知ってもらうこと。それから、ヨーロッパ各地でも水準の高さを認められている国立イヨネスコ劇場という劇団があるので、その公演を早稲田大学で開きたいそうです。8月初めに、劇団の監督が来日し、早稲田大学を見学した際には川村さんも会って、あらためて交流をお願いしたということです。
今後の支援の輪の広がりと日本とモルドバの文化交流、どちらにも期待したいですね。
(引用終了)
全文についてはリンク先をご覧下さい。

モルドバニュースの管理人さんが今年の夏、モルドバへ訪問されていたのはこのためだったんですね。お疲れ様でした。今さらなのですが。
このような活動を行う事でモルドバの存在、現在の状況など、もっと一般に知ってもらう機会がこれからも増えることを期待したいと思います。

それにしても、未だにオゾンの「恋のマイアヒ」なんだね。マスコミでの紹介は。
ま、現状では仕方ないかも。

モルドバから日本へのブログ

2006.09.06.11:49

8月のある日、PC前に辿り着けない間も携帯からモルドバについて検索を実施。
最近、auの検索エンジンがgoogleに変更になり、さらにPC画面も携帯用に変換してくれるようになったので「見るだけなら」どこでもモルドバについて調べられるような環境になりました。

さて、前出の検索の結果、こんなブログを発見。

モルドバ奮闘記

こちらの管理人さんはモルドバ在住の方のようですが、国際結婚の仲介をされているようですね。
さすがに結婚の話となると、よりお互いの国民性について理解を深めなければならないと思います。記事の中にもいくつかの国民性の相違点について書かれていました。結構興味深い記事もありましたよ。

その中で、こんな記事を見つけました。

モルドバ日本交流財団

こちらでは財団についての詳細について紹介。最後のほうでは「(財団宛てに)日本の本をプレゼントしては」と呼びかけている。

………すみません。当方、出遅れましたorz
記事を見つけてから向こうの管理人さんに連絡をつけ、今回の記事の紹介をさせていただくことに。
先方からのメールによると、ブログ掲載後、数名の方々に協力いただけたとのこと。
また、ブカレストの日本人学校からも協力いただけることになったとか。ここまでくると流石の一言。
あわせて、当方の企画についても理解いただきました。
また、管理人さんの話では、今年は財団の日本語教室では受講生が多いとのこと。
うん、モルドバでの日本に対しての興味はまだまだ続いているようです。これで確信。
さあ、自分もがんばんぞー!

あー、夏休みーorz

2006.09.04.09:22

たいへん更新が遅れてしまいました。申し訳ない。

前回の更新が夏休み初日の7月20日。そして今日はもう9月orz
夏休みの小学生2名の面倒を見るのがこんなに大変だと思ったのは初めてでした。

夏休みの初日。
上の子が夏休みの宿題を計画的にやるっていうのでほぼ8月初旬に終わるように指導したのですがいきなり挫折。
7月中はなに言っても手をつけずじまい。やはり反抗期ってやつですか?

さらに、8月には入ると下の子がおたふくかぜにかかってしまいました。
確か、幼稚園のうちに済ませたはずだったのですが、抗体検査では今回の分のみの反応だったとか。
前回、どうも顔がはれて熱が出ただけの症状でおたふく風邪と判断したのが間違いだったようで、そこから2週間、自宅療養となりました。

自分はといえば、相変わらずの夜勤勤めですが、新人さん(派遣の外国人の方々ですが)の指導と新しい機械の操作の習得を、夜でも30度以上の工場の中でやってました。
ちなみに、一日に摂る水分は4ℓになってました。全部汗になるんですけどね。

そうこうしているとお盆休みで工場も休み。
下の子もおたふく風邪完治の診断書をとることができ、やっとゆっくりできる…と思いきや、「どっかつれてけー」コール。
祖父の墓参りのため長野・旧開田村へ。(確か今は木曽町だっけ?)
道中、浦島太郎の没したとされる「寝覚めの床」という場所に立ち寄り、浦島太郎が乗ったとされる亀の形に似ている岩とか見てきました。
(時間があれば写真うpします、今しばらくお待ちを)

お盆休みが終われば宿題のスパートが待ってましたorz
結局、PC前に辿り着いても本企画やブログ更新など手がけている時間がとれずにいました。
本当に申し訳ない。

さて、子供たちも今日学校に元気良くでかけたので反省込みで更新していますが、モルドバの大学もそろそろ新学年が始まるのかな。
再度連絡を取ってみたいと思います。
結果判り次第おしらせしますので。
プロフィール

夜勤明け

Author:夜勤明け
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
YouTubeLight
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。